« 室戸山 最御崎寺【四国八十八ヶ所霊場:第二十四番】 | メイン | 倉吉未来中心【シーザー・ペリ+大建設計|鳥取県倉吉市】 »

2012年9月 2日

夫婦二人でつくった日本の九龍城・沢田マンション【高知県高知市】

建築デザイン

sawaman_mark.jpg


遅い夏休みをようやくとることができました。


まず最初に訪れたのが高知市内にある沢田マンション、通称「沢マン」。
美大を卒業するときに四国に行くなら、と同級生がススメてくれました。

およそ40年も前に建築に素人な沢田嘉農・裕江夫婦が、
「独力独学で建てた鉄筋コンクリート造の集合住宅」。
増築に増築を重ねたその建物は常に「成長する建築」。

「沢田マンション物語」も事前に読んでおこうと図書館から借りたのですが、
結局挫折してしまいました。
大学ではあんなに本を読んだのに、愛媛に来てからはさっぱり読書に身が入りません。
まあ、今は読書モードがオフなんだな。

それはともかく、沢マンは思ったとおりのカオスでした。
どちらかというと思考の根底に「秩序」を置く自分としては、
カオスは混乱をもたらすものとして、あまり良い感情を持っていませんが、
ここはそんな思い込みを吹き飛ばす心地良さがありました。

見た目の造形は全く異なるけれど、ガウディに通ずるものがあるような気がします。
ガウディ没後今なお作られ続けるサグラダ・ファミリアのように、
沢田嘉農氏がいなくなってもなお、屋上のクレーンは据えつけられたままで、
建物内も常にどこかしら工事が続けられている。

良い建築は作者がいなくなってもなお、その魂は残り続ける。
ただ存続するだけでなく、まるで生きものがごとく成長し続ける。
建築が目指すべき究極の姿がここにあるような気がします。



広告



建物全景。

正面左側から。

sawaman_outside_left.jpg


正面右側から。

sawaman_outside_right.jpg

こちらが建物への入口になります。


名物であるゴンドラ。

sawaman_elavator.jpg

そのそばに掲げている看板。

sawaman_aikido.jpg

なぜ「合気道」?
合気道経験者としては気になるところですが、管理人さんに聞きそびれてしまった...


ゴンドラの下には地下の多目的ホールへの階段が。

sawaman_undergroundhall.jpg

ここで合気道をやってるのか?


ゴンドラのそばにはギャラリー。

sawaman_gallery.jpg


地下駐車場へのスロープ。

sawaman_parking.jpg

壁にはオシャレな壁画。


建物左側に展開するスロープ。

sawaman_slope3.jpg

sawaman_slope1.jpg


同じ階であっても段差がバラバラであちこちにスロープが展開してます。

sawaman_slope2.jpg


テラスには壁面緑化。

sawaman_terrace.jpg


裏側も広いテラスで車が出入りできちゃいます。

sawaman_terrace2.jpg


内部通路。

sawaman_path.jpg


雑貨屋さん。

sawaman_roiroi.jpg


まさに迷宮で最初はけっこう迷いましたが、
建物左側のスロープではなく、右側の階段で屋上まで上がれることに気づけば、
そんなに混乱することもなくなりました。
防犯上にもいいだろうし、なによりワクワク感があって楽しい。


屋上には池。

sawaman_pond.jpg


そのそばには立派な木工所。

sawaman_woodcraft.jpg

ぬ。
ユスモクもこんな風にしたい。


屋上のでっかいクレーン。

sawaman_crane.jpg

はたして今も動くのかどうか分からないけど、この存在感はスゴイ。
通常ならば工事中にしか設置しないものを恒久的に置いてるのは、
永遠につくり続けることへのこだわりだろうか。


屋上には畑もあります。

sawaman_field.jpg

ニワトリもいて、都会の一角であることを忘れてしまうのどかさ。


螺旋階段。

sawaman_spiral.jpg


今回宿泊した部屋。
ウィークリーマンションとしてお手頃な価格で宿泊することができます。

sawaman_room1.jpg

sawaman_room2.jpg


なかなかオシャレです。

sawaman_lamp.jpg


部屋においてあった本二冊。

sawaman_book.jpg

エアコンの効きが悪く、昼間はムシムシしてましたが、
夜は気温が下がって意外と涼しく、過ごしやすい。
ただ、虫が多いので、防虫対策は万全に。

近くにはコンビニや食べもの屋などのお店も多く、また温泉もあります。
高知駅も近い。
アクセスはとても良い。

そしてなにより思った以上に魅力の詰まった空間でした。

うん、高知に来るときの常宿にしよう。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿