« 庚申庵史跡庭園【栗田樗堂|愛媛県松山市】 | メイン

2019年5月 4日

坂の上の雲ミュージアム【安藤忠雄|愛媛県松山市】

建築デザイン

sakakumomuseum_triangleedge2.jpg

sakakumomuseum_sign.jpg


坂の上の雲ミュージアム。
安藤忠雄設計により2007年に開館。

「坂の上の雲」は司馬遼太郎の歴史小説。
1968年から1972年にかけて産経新聞夕刊紙に連載されました。
2009〜2011年にかけてNHKでドラマ化もされました。

三人の主人公秋山好古、真之兄弟と正岡子規の故郷、ということで、
本作の史料を展示するミュージアムが松山市のど真ん中、松山城の麓にあります。


愛媛に来て8年、ようやく来ることができました。
来た直後から気になっていたのですが、なにぶん街なかにあって駐車場がなく、
田舎暮らしで公共交通機関がほとんど利用できない状況だったので、
なかなか訪れることができませんでした。

GWの中日、久しぶりに松山駅前の喜助の湯に入りに行くことにしました。
ここは4時間まで駐車場が無料になるので、その時間を利用して、
藤が見頃の庚申庵を見た後、市電で坂の上の雲ミュージアムへ行くことに。


外観は何度となく見ていたのですが、中に入ってはじめて、
あらためてこの空間の素晴らしさを実感しました。

小ぢんまりながら想像以上に素晴らしい空間でした。



広告



sakakumomuseum_facade.jpg

外からは道路に面する一面しか基本的には見えないので分かりづらいですが、
上から見るとほぼ正三角形の形をしています。

sakakumomuseum_googleearth.jpg
[Google Earthによる航空写真]


立体的には三角柱ですが、真っ直ぐではなく、微妙に逆ピラミッド状に傾斜しており、
見た目以上に複雑なフォルム。


エントランスのある面は細い路地になってます。

sakakumomuseum_entrance.jpg

sakakumomuseum_entrance2.jpg

ガラス窓に反射する緑が栄えます。


建物は地下1階、地上4階となってますが、地上1階まではスタッフ専用階で、
一般客は2階から入館します。


いよいよ8年越しに中へ。

入ってすぐのロビー。

sakakumomuseum_lobby.jpg

縦長の空間で、まだ建物全容を感じることはできないのですが...


ホールを見て、この建物が三角であることに気づく。

sakakumomuseum_triangleroom2fa.jpg


3階への吹き抜けとなってます。

sakakumomuseum_triangleroom2fb.jpg


2階は基本的に無料エリア、ここから先が有料エリアになります。

ライブラリー。

sakakumomuseum_library.jpg


建物模型。

sakakumomuseum_model.jpg


図面。

sakakumomuseum_drawing1.jpg


安藤さんのスケッチ。

sakakumomuseum_sketch.jpg


3階から4階へと架かる無柱階段の存在感がスゴイ。

sakakumomuseum_stair1.jpg

sakakumomuseum_stair2.jpg

sakakumomuseum_stair3b.jpg

上がる時はスロープで登り、4階から降りてくるときにこの階段を使います。


2階から3階への通路。

sakakumomuseum_path1.jpg


ピッカピカのコンクリート壁。

sakakumomuseum_concrete.jpg

クラックが入っているのが少し気になりました^^;


3階企画ギャラリー。

sakakumomuseum_triangleroom3f.jpg


3階展示室1の戦艦模型。

sakakumomuseum_battleship.jpg


萬翠荘への眺望が素晴らしい。

sakakumomuseum_bansuisou.jpg


3階から4階への通路。

sakakumomuseum_path2.jpg


4階の展示室3。

sakakumomuseum_triangleroom4f.jpg


トップライト窓も三角。

sakakumomuseum_triangletopwindow.jpg


床もトライアングル。

sakakumomuseum_triangle_floor.jpg


端の端。

sakakumomuseum_triangleedge.jpg


ぶっちゃけ、生粋の愛媛人でもなければ司馬遼太郎ファンでもないので、
展示資料はそこそこに、展示空間にばかり目が行ってしまいました。
入館料もさほど高くないし、建築好きであれば本作をさほど知らなくとも
この空間を堪能できると思います!


【訪問日】2019年5月2日午後


【Information】オフィシャルサイト


アクセス: JR松山駅より10分 市内電車「大街道」下車徒歩2分

開館時間: 9:00〜18:30(入館は18:00まで)

休館日: 月曜日(休日の場合は開館)

観覧料: 一般400円、65歳以上・高校生200円、中学生以下無料


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿