« アイデアからスケッチ1【最終プレゼン】 | メイン | かたちのデザイン2 »

2008年6月 9日

構造デザイン

建築デザイン


これ、なんだか分かります?


毎週土曜日、頑張って八王子へ通っています。
ただ1コマの授業を受けるために。

「構造デザイン」という授業なのですがこれが結構面白い。

二次元と三次元の違いは、

 
  「触れるか否か」


...だと思うのです。

そこ介在してくるのが「構造」。
"もの"が三次元として存在するために必要なもの。
それが「構造」なんだと思う。

だから構造に興味があるんだと思う。
カラトラバに興味があるんだと思う。


そう思わせてくれるものを先生が紹介してくれました。



広告




...そう、これはワイン立てなのです。

先生にどこで作ったものか、聞きそびれたけど、「ワイン立て」でググるとすぐ見つかりました。

確証はないけどたぶんこれだと思います。
「きじや」という飛騨高山の家具工房によるもの。
一時期は新宿のOZONEでも買えてたみたいです。
3,000円程度。
酒飲めないけど、これは欲しいかも。


それ自身では自立しないけど、ワインの瓶を入れると、
御覧のようにワイン立てと瓶の重心がバランスをとり、見事に立つ。


均衡のとれたバランスは美しい。
そして関連性のあり方を考える、というデザインの特性を如実に表しています。


構造って...ステキ。



この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿