« 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天橋立【天橋立|京都府宮津市】 | メイン | モダンアート再訪 ダリ、ウォーホルから草間彌生まで【広島市現代美術館】 »

2018年10月 7日

広島市環境局中工場 Naka Incineration Plant【谷口吉生|広島県広島市】

建築デザイン

hiroshimanakaplant_ecorium3a.jpg

hiroshimanakaplant_sign.jpg


仕事で広島に一週間出張でした。

月曜から金曜までの五日間だったので、
その前後で前入り・延泊して久々の広島を満喫することに。


まず最初はずっと行きたいと思っていた広島市環境局中工場。
いわゆるゴミ処理場なのですが、
誰もが敬遠するこの場所をあえて社会にアピールする空間として、
谷口吉生が設計し、2004年に竣工しました。

ゴミ処理場そのものは平日のみの営業で、訪れたのは土曜日でお休みだったのですが、
外観及び2階のエコリウムと呼ばれる開放スペースは休日も自由に見学できます。


ゴミは人間が生み出した「悪」だと思う。
そのままだと美しい地球を汚染する。
人間はそのことを知りながら忌み嫌い、目を背けようとする。

ゴミと向き合うことは地球と向き合うことだ。
それを世間に積極的にアピールする空間がこれからの社会には必要なんじゃないだろうか。



広告



hiroshimanakaplant_map.jpg

広島平和記念公園の南側から伸びる吉島通り。
この通りの終点に中工場はあります。

hiroshimanakaplant_street.jpg

「真っすぐ行ったら平和公園」というところにもどこかストーリー性やメッセージ性を感じる。


建物全体像。

hiroshimanakaplant_facade2.jpg

hiroshimanakaplant_facade.jpg


一階部分はパッカー車の搬入口になってます。(一般車は進入禁止)

hiroshimanakaplant_1f.jpg


二階の開放スペース「エコリウム」入口。

hiroshimanakaplant_ecorium_entrance.jpg


建物に垂直に貫入する通路。

hiroshimanakaplant_ecorium_map.jpg


中工場の模型。

hiroshimanakaplant_model.jpg


およそゴミ処理場とは思えない空間。

hiroshimanakaplant_ecorium1.jpg

hiroshimanakaplant_ecorium2.jpg

hiroshimanakaplant_ecorium4.jpg

hiroshimanakaplant_ecorium5.jpg


資料コーナーの入口にあった小さな小さなモニター。

hiroshimanakaplant_smallmonitor.jpg

なんのためにあるんでしょうね...


白いパッカー車。

hiroshimanakaplant_track.jpg


本物のパッカー車。

hiroshimanakaplant_packer.jpg


エコリウムは建物を突き抜けて反対側へ。

hiroshimanakaplant_deck.jpg

hiroshimanakaplant_backside.jpg

hiroshimanakaplant_park.jpg


周囲は工場地帯らしく、週末はほとんど人もいなくてひっそりしていて、
洗練された中工場の空間も社会における認知度はまだまだな気がしました。

将来的にゴミゼロの社会が実現する日は来るのでしょうか。
まずは人間がそのことを真剣に願うことが必要だ。
中工場の空間はその意識を醸成する最初の一歩なのでしょう。


訪問日:2018年8月25日午後

【Information】オフィシャルサイト

アクセス: 広島高速3号線吉島インターより車で5分
      ※無料駐車場あり

見学可能時間: 9:00〜16:30

入場料: 無料


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿