« シェル美術賞展2007【京都市美術館別館】 | メイン | Chino Cultural Complex【茅野市民会館】 »

2008年1月10日

外国人建築家によって再発見された日本の美・桂離宮【京都市西京区】

建築デザイン/ 空間デザイン

katsurarikyu_kokebridge2.jpg

katsurarikyu_shoin3.jpg


念願の桂離宮へ行ってきました。

京都の桂川そばに建つ桂離宮は江戸時代初期に皇族・八条宮家の別邸として建てられました。
古書院を中心とした簡素な建築群と池泉回遊式の庭園によって構成されています。
昭和初期に来日したドイツ人建築家ブルーノ・タウトによってその魅力がクローズアップされ、
世界に広まるきっかけとなりました。


予約は1/9 10:00~ということで前日に京都入りして駅前のホテルに宿をとる。
翌日京都駅から市バス(33系統)に乗り、桂離宮前で下車。
8:45のバスに乗り9:10頃バス停下車。
そこから歩いて8分ほどで入口に到着。
受け付けは20分前からなので付近を散策して時間をつぶす。
20分前になって受付(予約票を渡すだけですが)をすると、
時間まで待合室で待機。待合室では桂離宮のビデオが流れてます。
待合室にはロッカーもあるので重い荷物も預けることが出来ます。


...そしていよいよ参観開始!
僕らのグループは、カップル3組と女性一人、男性一人(僕)の計8人。
ガイドの他に付き添いが一人つきます。

皇族の庭園らしくガイドさんの喋りも麻呂口調。
宮内庁の人ってみんなそうなのかな。



広告



katsurarikyu_bamboos.jpg


以下順路に従って写真をアップ。

ガイドさんの説明を半分聞き流しながら写真を撮りまくりました。
撮影できる場所が限られる上に1時間という時間制約もあって
なかなか満足のいく写真を撮るのは難しかったです。

まずは表門。いわゆる正門です。
katsurarikyu_omotemon.jpg

めったに開くことはなく、
参観者も含め普段の出入りは黒御門と呼ばれる別の門からになります。


表門奥の御幸門そばの御幸道。
katsurarikyu_miyukimichi.jpg


御幸門。
katsurarikyu_gate.jpg


そして外腰掛。
katsurarikyu_sotogoshikake.jpg

いわゆる厠(トイレ)休憩所。


州浜及び天の橋立。
katurarikyu_amanohashidate.jpg

いわゆるあの天の橋立を見立てているのでございます。


松琴亭。
katsurarikyu_shokintei_room.jpg

桂離宮で最も格の高い茅葺入母屋造りの茶室...みたいです。


賞花亭。
katsurarikyu_shokatei1.jpg

katsurarikyu_shokatei2.jpg

苑内で最も高い位置にあります。


園林堂。
katsurarikyu_enrindou1.jpg


本瓦葺宝形造りという変った形の屋根。
katsurarikyu_enrindou2.jpg


園林堂への太鼓橋。
katsurarikyu_kokebridge.jpg


笑意軒。
katsurarikyu_shouiken_window.jpg


借景が見事。
katsurarikyu_shouiken_shakkei.jpg


そしてメインの書院。
katsurarikyu_shoin_wideview.jpg

katsurarikyu_shoin1.jpg

katsurarikyu_shoin2.jpg

katsurarikyu_shoin4.jpg

古書院、中書院、新御殿が雁行型に並んでいます。
古書院の月見台はその名のごとく月を鑑賞するための場所。
書院の中は観ることはできず。


月波楼。
katsurarikyu_gepparou2.jpg


これまた窓越しの風景が素晴らしい。
katsurarikyu_gepparou_shakkei.jpg


御輿寄。
katsurarikyu_okoshiyose.jpg

書院の玄関。


その他諸々。
katsurarikyu_pondmirror.jpg

katsurarikyu_road.jpg

katsurarikyu_smalltree.jpg


最後は住吉の松。

katsurarikyu_sumiyoshinomatsu.jpg

庭園の全景を一気に見せず小出しに見せていく、という意図が
よく表れている場所。松のおかげでその奥の景色が見えません。


桂離宮では真・行・書の教えが示されているのですがそれが一番表れるのが敷石。
というわけで敷石いろいろをピックアップ~

katsurarikyu_shikiishi1.jpgkatsurarikyu_shikiishi2.jpg
katsurarikyu_shikiishi3.jpgkatsurarikyu_shikiishi4.jpg
katsurarikyu_shikiishi5.jpgkatsurarikyu_shikiishi6.jpg
katsurarikyu_shikiishi7.jpgkatsurarikyu_shikiishi8.jpg

1時間弱で参観は終了。

お金払ってもいいからもっとじっくり参観できるコースを設けてほしいなあ。
こうあわただしくちゃあこの庭園の魅力の半分も味わえやしない。

朝から夜まで1日かけて朝陽と夕日を拝み、夜は月と星が拝めたら
どんなにか素晴らしいだろう。


でもまあとりあえずは満足。
素晴らしきかな、日本文化。

【information】オフィシャルサイト

アクセス:阪急京都線 桂駅から 徒歩20分、市バス 桂離宮前から 徒歩8分
入場料無料、ただし事前に参観申し込みが必要


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿