« 僕の好きな10の教会[2] | メイン | アクリル・フィン3 »

2009年1月25日

HP面とEP面

建築デザイン

hp2_1.jpg
【HP面(Hyperbolic Paraboloid: 双曲放物線面)】

ep1_2.jpg
【EP面(Elliptic Paraboloid: 楕円放物線面)】


モノの形をデザインしていく過程において、
伝統工芸などをのぞけばその多くは「量産性」を前提に考えねばならない。

直線はもちろん、曲線も幾何学的に計算で求められるものがのぞましい。
計算で求められるものは複製や改良が容易となるからです。
アートでは自由曲線ですむものが、
デザインでは曲線は幾何学的要素が求められる。
そこがデザインにおける造形の難しさであり、面白さでもある。
...と思うのです。

今回、課題に取り組むにあたり造形を参考書で検討していて、
自分が惹かれる造形要素にふと目が止まりました。


それがHP面とEP面。



広告



HP面は直線曲面、EP面は曲線曲面。
HP面は線が回転、EP面は面が回転。

HP面は垂直断面が放物線に、水平断面が双曲線になる。
EP面は垂直断面が放物線に、水平断面が楕円になる。

HP面やEP面はHPシェル、EPシェルとして、
薄く強く美しい構造物を構成できる。

HPシェルの場合、上に開く放物線方向には引張り力が、
下に開く放物線方向には圧縮力がかかる。

HPシェルには上図の「鞍形」のほかに「網形」とよばれるものもあります。

[網形HPシェル]
Hyperbolic-paraboloid.jpg

grapherでの描き方が分からなかったので、困ったときのWikipediaより。


網形HPシェルの建築。

駒沢公園体育館
kop_gymnadium2.jpg

4枚のHPシェルを組み合わせています。


東京カテドラル(丹下健三)】
tc2_outside_r2.jpg

こちらは8枚のHPシェル。


戦没学徒記念館(丹下健三)】
wakodo_tower4.jpg

HP曲面を取り入れたタワー。


【サンマリーナホテル(沖縄)】

こちらは屋根ではなく、壁にHPシェルを使っていて面白い。


鞍型HPシェルの建築。

【バレンシア芸術科学都市(フェリックス・キャンデラ)】
640px-L'Oceanografic,_Valencia,_Spain_1_-_Jan_07.jpg
(出典:Wikipedia)

フェリックス・キャンデラはHPシェルの大家として、
美しい有機的建築を数多く手がけました。


広島平和記念公園・原爆慰霊碑(丹下健三)】
hpc_cenotaph1a.jpg

丹下さんは網型・鞍型両方のHPシェルを手がけてたんですね〜


EPシェルの建築。

【サグラダファミリア(アントニ・ガウディ)】
640px-Sagrada_Familia_02.jpg
(出典:Wikipedia)

紐を垂らして形成されるカテナリー曲線を逆さにした鐘楼群。
コンピュータもない時代に重力という自然を上手く活用しています。
自然は美しい。


【TWAターミナルビル(エーロ・サーリネン)】
640px-Jfkairport.jpg
(出典:Wikipedia)

HPシェルかと思ったら、EPシェルだったんですね。
これも大好きな造形の一つです。


今回参照した本たち。
(画像をクリックするとAmazonの購入ページが開きます)

その壱。
515ZKNV3ZXL__SL500_AA240_.jpg

二次元、三次元のいろんな図形の建築応用例が解説されています。


その弐。
51WFRQWZN8L__SL500_AA240_.jpg

その壱よりさらに詳しく解説されてます。
今回はとくにP136-139「砂漠の貝殻」の項目を参考にしました。


貝殻のように頑丈で美しい。
それがこれらの造形が「シェル(貝殻)」と呼ばれる所以なんですね。



この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿

コメントを表示する前にブログオーナーによる承認が必要になります。
サイトポリシーに著しく反するコメントは拒否する場合があります。
承認されるまではコメントは表示されません。その場合はしばらくお待ちください。