« ホイットニー美術館 | メイン | アメリカ自然史博物館 »

2007年2月28日

ニューヨーク・グッゲンハイム美術館【フランク・ロイド・ライト】

建築デザイン/ アート

ny_guggenheim_toplight1.jpg


ニューヨークのグッゲンハイム美術館に行ってきました。

Touch the Soundでエヴリン・グレニーがここで天井を見上げるシーンを見て、
訪れてみたい、と思った。


touch_the_sound.jpg


フランク・ロイド・ライト設計の奇抜な外観も楽しみにしていたのだけど、
あいにく外装工事中だった。

ny_guggenheim_exterior.jpg


現在開催中の展示。

ny_guggenheim_board.jpg

「エル・グレコからピカソへ」
スペイン系アートの展示なのかな。


エントランス部分。
ny_guggenheim_entrance.jpg

guggenheim_entrance_snackstop.jpg

この付近に出店していた屋台でホットドッグとコーラで朝食を取り、
いよいよ中へ。



広告



中に入ってすぐのエントランスロビー。

ny_guggenheim_lobby.jpg

そこがまさしくエヴリンが立っていた場所。
エヴリンが見上げたように僕もドームを見上げた。
たぶん誰もがそうするだろう。

彼女がしばらく天井を眺めていた理由が分かった気がした。


ny_guggenheim_toplight3.jpg

ny_guggenheim_toplight2.jpg

奇抜な外観同様、中もなかなか奇抜な構造となっている。

中はグラウンドフロアのみ撮影可能でそれ以上のフロアでは撮影不可。
グラウンドフロアからは作品は見えず、作品が撮影できないようになっている。


ロビーでチケット購入。

guggenheim_chicket.jpg

いたってシンプルなデザイン。
背景に薄くシンボルである螺旋フロアがプリントされてます。

入場料は大人18ドル。
開館時間は10:00~17:45(金曜は~20:00)。
休館日は木曜日。
ここも金曜夜のナイトタイムは任意料金になるようです。

※2016年現在、入場料は25ドル、ナイトタイムは土曜日になっているようです。
 (下記information参照)


僕が行ったときはほとんどが絵画の展示でした。

ny_guggenheim_floor.jpg

1階のフロアから円形のホールを壁伝いに螺旋状に登っていきます。
各階の境界線がないというなんとも不思議な構造になっています。

作品は壁に展示されていて、
その壁を眺めながらくるくる回って登っていく、という感じ。
僕は最初にエレベータで最上階の6階に上がり、そこから1階へ降りる、
という順に鑑賞しましたが、本当は下から上へ、というのが自然な流れと
なるように展示も考えられているようです。


螺旋は円形のスロープだけでなく、階段も。

ny_guggenheim_trianglestair.jpg

ただし三角形だけど。


絵画の展示はとくにピカソが多かったかな。
MoMAやメトロポリタンにもピカソは多く展示されていたので、
よほどニューヨークはピカソを愛しているのでしょうか...
おかげであの奇抜な作風にもなれて親しみを感じれるようになったけど。

あとダリもよかったな。


奇抜なものには奇抜なりの理由がある。
そこを受け入れることさえできればかえって奇抜まもののほうが
メッセージ性は強いものなんだなって思った。
記憶に残るし、ある意味分かりやすいから。


2時間ほどで観終わって、最後にミュージアムショップでお買い物。

guggenheim_shopping.jpg
フランク・ロイド・ライトの作品集、グッゲンハイム関連の本2冊、PHAIDONの世界の建造物図鑑
NYのアートマップの5点。締めて100ドルほど。
トラベラーズ・チェックで払おうとしたら、
円のT/Cはだめだと言われたのでやむなくクレジットカードで支払いました。


建物、作品ともに楽しむことができて、とてもよかったです。
ただ、完全な外観を見るためにやはりもう1度訪れてみたいな。


【information】オフィシャルサイト

アクセス:地下鉄「86 st」駅より徒歩10分

開館時間:10:00〜17:45(土曜日は19:45まで)

休館日:木曜日

入館料:大人$25、学生または65歳以上$18、12歳以下無料


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメント [2]

はじめまして。突然すみません。
グッゲンハイム美術館のことを調べていたらたどり着きました。
私は現在専門学生なのですが、授業で建築物についての資料を集めています。ただおーさんのグッゲンハイム美術館の館内の写真がとてもきれいなので、いただいてかえったのですが、個人用の資料として使わせてもらっても宜しいでしょうか。
突然にもかかわらず、とても厚かましいお願いですみません。
サイトの方もちょこっと拝見させていただきました。Lifeの日記、心にくるものがありました。
またお邪魔しにきます。それでは、失礼します。

あずきさん >
はじめまして。コメント&ブログの拝読ありがとうございます。

商用で使うわけでもなく、学業の助けとなるのであれば、
こんな写真でよければぜひお使いください。
ただし二次配布(他の人にむやみに配布すること)はしないようお願いしますね。

実物はもっと感動しますよ~
ぜひ足を運ばれることをオススメします!

勉強頑張ってくださいね~
僕も建築には興味があるのでいつか意見交換などできればいいですね。

コメントを投稿

コメントを表示する前にブログオーナーによる承認が必要になります。
サイトポリシーに著しく反するコメントは拒否する場合があります。
承認されるまではコメントは表示されません。その場合はしばらくお待ちください。