« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

2018年6月 アーカイブ

2018年6月30日

20世紀の総合芸術家イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー【香川県立ミュージアム】

アート / 展示・イベント

isamu08_board.jpg

訪問日:2018年5月26日(土)


1ヶ月ほど前の話。
香川県立ミュージアムで開催中のイサム・ノグチ展に行ってきました。

イサム・ノグチの個展に行くのは、2006年高松市美術館での開催以来12年ぶり。
その最初の個展以降、香川ニューヨークの庭園美術館に行ったり、
ドウス昌代さんのイサム伝記を読んだりと、
それなりにイサムについて見識を深めたつもりだったけど。


2回目の個展も新しい発見の連続だった。

やっぱり奥が深いなあ、この日米混血の彫刻家は。


"20世紀の総合芸術家イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー【香川県立ミュージアム】"の全文を読む »

2018年6月23日

ルドンー秘密の花園【三菱一号館美術館】

アート / 展示・イベント

m1redon_board2.jpg

訪問日:2018年4月17日


おおよそ2ヶ月前の話。

東京ステーションギャラリーでの隈研吾展をあとにして、
三菱一号館美術館で開催中のルドン展へ。

ルドンの絵は過去2回のオルセー展(1回目2回目)などで、
何度か目にする機会がありましたが、単独での大々的な展覧会は今回がはじめて。

時代的には印象派の時代に生きた画家であり、第8回の印象派展にも出品しているものの、
印象派とは一線を画し、独自の路線を歩んだ。

風景画の巨匠に教えを受けるも、
彼が描く絵は風景と人間の内面とが混ざりあった独特の世界だった。

周囲に流されず、自分のアイデンティティを築き上げたという点で
どこか自分の心を刺激する画家の一人。


"ルドンー秘密の花園【三菱一号館美術館】"の全文を読む »

2018年6月17日

くまのもの ー 隈研吾とささやく物質、かたる物質【東京ステーションギャラリー】

建築デザイン / 展示・イベント

kumanomono_board.jpg

訪問日:2018年4月17日(火)


おおよそ2ヶ月前の話。

出張で久々に上京しました。
最終日は移動のみで飛行機の時間が夕方だったので、
その待ち時間を利用して、久々のアート巡り。
...といっても2スポットのみだけど。

まずは東京ステーションギャラリーで開催中だった建築家・隈研吾の展示。
9年前に開催されたTOTOギャラリー「間」での展示以来二度目。
9年前でもすでにかなり有名だったとは思うのだけれど、
個展の範疇を超えない小規模だったのに対し、
今回は一流のアーティストとして見応えあるボリュームで楽しむことができました。


"くまのもの ー 隈研吾とささやく物質、かたる物質【東京ステーションギャラリー】"の全文を読む »

2018年6月10日

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展【愛媛県美術館】

アート / 展示・イベント

anghiari_pamph.jpg

[訪問日:2017年11月11日、11月25日]


愛媛県美術館で開催中のダ・ヴィンチの展示に行ってきました。
...半年前のことだけど。


ダ・ヴィンチの展示は今回で3回目です。
最初は2005年にビル・ゲイツ所有のレスター手稿が六本木に来日したとき、
2回目は2007年に上野に「受胎告知」が来日したとき。
そして3回目となる本展ですが、
今回の目玉である「アンギアーリの戦い」はレオナルドが描いた実物は登場しません。


"レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展【愛媛県美術館】"の全文を読む »

2018年6月 9日

日本画山脈 再生と革新〜逆襲の最前線【八幡浜市民ギャラリー】

アート / 展示・イベント

nanazan.jpg

訪問日:2017年11月19日(日)


これももう半年ほどの前の話なのだけど。
テレビのCMで流れているのを見て知った展覧会。

本展は一般財団法人地域創造の助成による平成29年度公立美術感共同巡回展として、
岡山県の新見美術館→佐賀県の唐津市近代図書館美術ホール→広島県の蘭島閣美術館に続いて
愛媛では八幡浜の市民ギャラリーで開催されたものです。


美術館のない八幡浜にこんな良い絵が集まるなんて..ということで急遽行ってきました。


"日本画山脈 再生と革新〜逆襲の最前線【八幡浜市民ギャラリー】"の全文を読む »