« 2017年2月 | メイン

2017年3月 アーカイブ

2017年3月22日

残軀は天の赦す所・天赦園【愛媛県宇和島市】

空間デザイン

tenshaen_stonesign.jpg

馬上に少年過ぎ
世は平にして白髪多し
残軀は天の赦す所
楽しまずんば是を如何せん
(伊達政宗)

馬に乗って戦場を駆けた若かりし頃は過ぎ、
太平の世となり、自分の髪の毛もすっかり白くなってしまった。
戦禍を生き延びることができたのも、天が自分を赦してくれたからであろう。
ならば余生を楽しまなくてどうするか。


宇和島城に続いて愛媛県宇和島市の天赦園に行ってきました。
宇和島藩の七代藩主・伊達宗紀(むねただ、号:春山[しゅんげん])が1866年につくった隠居所です。
池泉回遊式庭園であり、昭和43年に「名勝」の国指定を受けました。
「天赦園」という名前は伊達政宗公が隠居に際し群臣たちに示した述懐の漢詩に由来します。

宇和島へは2014年に一年間、職業訓練校にほぼ毎日通いました。
天赦園のそばも何度も通ったけれど、結局中へ入ることは一度もなかった。
近くにあっても意識できないものってたくさんあるんだな。


"残軀は天の赦す所・天赦園【愛媛県宇和島市】"の全文を読む »

2017年3月21日

自然とともにある城・宇和島城【愛媛県宇和島市】

空間デザイン

uwajimajo_facade.jpg


愛媛県宇和島市内にある宇和島城に行ってきました。


宇和島へは2014年に一年間、職業訓練校にほぼ毎日通いました。
お城のそばも何度も通ったけれど、結局中へ入ることは一度もなかった。
近くにあっても意識できないものってたくさんあるんだな。

宇和島は海のそばの街なので、基本的に平野地形なのですが、
お城は鬱蒼とした森山の中にある平山城です。
松山城と同じく街のど真ん中にこんな森があったのか、という驚きがあります。


築城は1601年、藤堂高虎によってなされました。
その後高虎は今治に転封となり、今治城も築いています。
高虎転封後は伊達政宗の長子秀宗が1615年に入城、
二代宗利の時に天守以下城郭の大修理が行われ、1671年に完成、
その姿を現在にとどめています。

宇和島城の天守は松山城天守とともに現存する12天守のうちの一つであり、
県内に現存天守が2つあるのは愛媛県だけ。

愛媛県はこの2つのお城をもっと誇っていいと思う。


"自然とともにある城・宇和島城【愛媛県宇和島市】"の全文を読む »

2017年3月13日

愛媛県総合科学博物館【黒川紀章|愛媛県新居浜市】

建築デザイン

ehimekahaku_entrance2.jpg

ehimekahaku_sign.jpg


愛媛県新居浜市にある愛媛県総合科学博物館に行ってきました。
松山自動車道いよ西条インターチェンジから5分程度、自動車道そばの山中にあります。

メタボリズムの旗手の一人、故・黒川紀章設計により1994年(平成6年)にオープン。
巨大な幾何学図形のマッスの数々は圧倒的な存在感を感じさせる。
とくにエントランスエリアの巨大なガラスの円錐塔は、
ライトのグッゲンハイム美術館や、イサム・ノグチのモエレ沼のガラスのピラミッドなどとも共通する、
一種独特の哲学的な空間を構成している。

巨大な◯・△・□のマッス。
それは玩具の積み木のようでもある。
無機質で冷たい外観でありながら、
内部が子どもたちの笑顔で溢れているのは、
「つくるしあわせ」がそこにあるからではないだろうか。


"愛媛県総合科学博物館【黒川紀章|愛媛県新居浜市】"の全文を読む »

あかがねミュージアム(新居浜市総合文化施設・美術館)【日建設計JV|愛媛県新居浜市】

建築デザイン

akagane_sign2.jpg


新居浜市のあかがねミュージアムに行ってきました。

中予に住む自分としては、東予方面はなかなか行くことがありません。
香川方面に出かけるときも素通りするだけでなかなか立ち止まることがない。

今回、愛媛大学地域再生マネージャ関連のフォーラムがここで行われる、ということで、
会場をネットで調べてたら、そのインパクトある外観に目が釘付け。
日曜日の朝、夜勤明けの眠い目をこすりながら車を走らせて現地に向かったのでした。


JR新居浜駅の駅前開発で2015年に開館。
設計は日建設計・トータルメディア開発研究所JV。
開放感あふれるV字状のファサードに赤褐色の銅板壁面がさらにインパクトを与えている。
別子銅山による銅産業で発展してきた新居浜にぴったりのデザイン。

...なんだけど。


"あかがねミュージアム(新居浜市総合文化施設・美術館)【日建設計JV|愛媛県新居浜市】"の全文を読む »

2017年3月 1日

生誕140年 杉浦非水 ~開花するモダンデザイン~展【愛媛県美術館】

ビジュアルデザイン / 展示・イベント

ehimekenbi_hisui2.jpg


愛媛県美術館で開催中の杉浦非水展に行ってきました。

1876年に松山に生まれる。
東京美術学校(現在の東京藝大)に入学し、日本画を学んでいたが、
洋画家の黒田清輝の指導によりアール・ヌーヴォー様式に見せられ、図案家へ転向。
卒業後は大阪の印刷会社、商船会社で図案家として活動、島根での図工教師、
東京の新聞社を経て、1908年に三越呉服店に夜間嘱託として勤務するようになる。
以後27年間、三越の嘱託デザイナーとして活躍。
教育関係では、日本美術学校図案科講師、帝国美術学校(現在のムサビ)図案科長を経て、
1935年、多摩帝国美術学校(現在の多摩美)の初代校長に就任。
日本における商業美術の先駆けであり、グラフィックデザインの礎を築いた人物の一人。

愛媛美術館は県出身である同氏の作品や遺品、資料等7,000点にも及ぶコレクションを有しており、
今回はじめてそのコレクションを披露する展覧会が開催されました。


移住者である自分としては松山出身、ということより多摩美の初代校長、ということに縁を感じるものの、
在学中は同氏のデザインについて学ぶ機会はおろか、愛媛に来てはじめて彼の名前を知ったくらい。

前回のウィリアム・モリス展と同様、モダンデザインの源流を学ぶまたとない機会と言えます。
大学を卒業する時点で自分はどうしても商業デザインへの道に踏み出すことができなかった。
遅すぎるスタートや生来の臆病心があったのもあるけれど、
4年間での大学での学びの中でデザインの魅力を知ると同時に、
どうしても消えないデザインの疑問点も見えてしまった。

デザインのあるべき姿とは。
デザインとアートの適切な住み分けとは。
デザインとエンジニアリングはどのようにコラボレートしていくべきなのか。
自分はどのようにしてデザインやアート、エンジニアリングと関わり、
活用していくべきなのか。

...デザインの原点を学ぶことで見えてくるものがあるのではないだろうか。



"生誕140年 杉浦非水 ~開花するモダンデザイン~展【愛媛県美術館】"の全文を読む »