« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月 アーカイブ

2009年2月25日

恵比寿発電所

情報デザイン / ポートフォリオ

goshikizakura_bdg.jpg


いいとも!でのネタ。


  首都高速道路株式会社
  走るクルマの『振動』で発電 首都高五色桜大橋のイルミネーションを実施!
  ~世界初の試み!首都高が生むエネルギー~


走る車の振動で発電し、点灯する橋のイルミネーション。


人間ほど地球のエネルギーを浪費し、放出する生きものはいない。

だからエネルギーの有効活用について神経を使って使いすぎることはない。

それが人類に課せられた義務なのだから。


"恵比寿発電所"の全文を読む »

2009年2月24日

銀座のビルディング

建築デザイン

ginza_marion.jpg


今、制作しているギャラリーのWebサイトの打ち合わせで銀座へ。

...というわけで銀座散策です。


銀座ハンズから中央通りへ向かい、
松屋銀座、アップルストアの前を通り、
数寄屋橋交差点を経由して再び中央通りへ。


場所柄、なかなか気軽に建物の中へ入れる雰囲気ではないですが。
ただ外観を眺めて歩くだけでも面白い。

そんなわけで、銀座の魅力的なビル群をご紹介。
ファッションブランドにはとんと興味がないけど、
やっぱりビル群は見ていて飽きない。


"銀座のビルディング"の全文を読む »

銀座教会【東京都中央区】

建築デザイン

ginzachurch.jpg


今、制作しているギャラリーのWebサイトの打ち合わせで銀座へ。

そのギャラリーのすぐそばにある銀座教会

中に入って見学できるか聞いてみると、
わざわざ電気をつけてくれました。


都会のど真ん中にこんな素敵な教会があったんだな...


"銀座教会【東京都中央区】"の全文を読む »

TOReNDS【銀座東急ハンズ】

プロダクトデザイン / 展示・イベント

torends_postcard.jpg


ハンズ大好き。
デザインの課題制作においてハンズは欠かせないお店。

大学のプロダクトの先生が銀座のハンズで展示をやる、
とのことで行ってきました。

銀座のハンズへははじめて行ったのですが、
場所柄もあってとてもオシャレ。
ビル全部がハンズなのではなく、
5階から9階までの5フロアがハンズとなっています。
新宿や渋谷に比べて店の規模はやや小さめですが、
品揃えは良さげです。


しかし人は少なめ。
平日昼間、という時間帯もあるのでしょうが、
ハンズというお店は銀座の街柄には合わないのかな...


"TOReNDS【銀座東急ハンズ】"の全文を読む »

2009年2月23日

アースダイバー【中沢新一】

環境デザイン / 読書

51SES8ECFVL__SL500_AA240_.jpg

この本をAmazonで買う


大学の助手さんから借りて読みました。

中沢新一さんって多摩美の教授だったんですね。


その昔、縄文時代では地球は今よりもっと温暖で、
東京の低い土地(沖積層)は海に埋もれていた。
その海岸線はリアス式海岸のように複雑に入り組み、
無数の岬が存在した。
縄文人はその岬の大地(洪積層)に墓や貝塚を作った。
昔から岬は特別な場所だった。

時代が流れて、水が引いてもその岬は特別な場所であり続けた。
寺社や墓所、東京タワー、皇居など地霊の宿る場所であり続けた。

科学の進化と共に人々は自然の力を忘れていった。
自らの力を過信し、自然をないがしろにするようになった。
そして人々は狂気へと走ってゆく。


古代の縄文地図を片手に東京を歩くことで、
聖なる岬を巡ることで自然の偉大なる力を思いだそう。

...それが「アースダイビング」。


"アースダイバー【中沢新一】"の全文を読む »

2009年2月21日

神楽坂散策

空間デザイン

kagurazaka_toro.jpg


神楽坂の大学の先生の建築事務所へ行ってきました。
これも社会勉強。


神楽坂はグリーンマップのバイトで一度自転車で走っているのですが、
ほとんど通り過ぎただけだったので、
今回ちょっと早めに行って散策してきました。


神楽坂、って本当に坂だったんだね。


"神楽坂散策"の全文を読む »

2009年2月20日

節約は趣味ではない

情報デザイン

kenrokuen_08.jpg


政治経済にはとんと興味ない僕ですが。

「ぐるナイ」を観たノリで、
「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」は観ます。

今週のテーマは、
「全家庭、電気代を毎月2000円分節約することを義務付けます 」


一般投票の結果は賛成24%、反対76%。
おおかたの人間が反対のようです。


僕も理想を言うならば、賛成したい。
しかし現実的に考えると反対せざるを得ない。


番組内の反対派でも、あからさまに無意味だと言う人は少なく、
有益だとは思うけど、難しい...という理由で反対してる人が多かった。


"節約は趣味ではない"の全文を読む »

2009年2月19日

電動ドリル

ツール

drill1.jpg


  SOURCENEXT eSHOP:
  コードレス電動ドリル・ドライバー92点セット 優待販売
  (すでに販売期間は終了しています)

ソースネクストで電気ドリルを衝動買い。

格安のソフトウェア販売で有名なソースネクストですが、
期間限定でハードウェアもけっこう安く買えたりします。
メルマガ会員になると、そういうお得情報が定期的に送られてきます。


ドライバーだけでなく、
ブラシやコンクリートドリルなど92種類のアタッチメントがついて4千円。
送料入れても4,500円程度。
...安い買い物かな、と。

美大に入って課題をこなす度に自分の作品が増えた。
そのたびに新しい「自分」を発見した。

たくさんの「自分」を作るにはたくさんの道具がいる。

パソコンもその道具の一つだけど、しょせんはデジタルだ。
サンプリングされたものではだいたいの様子しかつかめない。
現実に完成されたものを作るには画竜点睛を欠く。

...逆に完成した自分の作品をアピールするにはいいのかもしれないけど。


"電動ドリル"の全文を読む »

2009年2月18日

富士見橋...その2

学業

fujisan_from_hujimibashi2.jpg


春休みに入って。

バリバリ仕事して学費を稼がなきゃいけないんだけど。


大学の助手さんのお手伝いをゆる~くさせてもらっています。
もっと仕事しなきゃならないんだけどね。

しかしこの大学の助手さんにはお世話になりっぱなし。
足を向けて寝られません。

去年の秋からはコンスタントにWeb制作の仕事をやらしてもらい、
時には建築模型作成の仕事もやらせてもらってます。

今後自分が伸ばしてゆきたい分野でのキャリアを積ませてくれる、
という点で非常に助かってます。


今日は久々に建築模型作成のバイトで大学へ。


良い天気、ということでデジ一眼で富士見橋からの富士山をパシャリ。


"富士見橋...その2"の全文を読む »

2009年2月13日

学内展

展示・イベント

tamabi_grad09.jpg


今日から上野毛キャンパスの学内展がはじまってます。
金・土・日の3日間。

3年生の修了作品展示と4年生の卒業制作の展示、大学院の修了作品などの
展示がされています。


去年は行きそびれてしまい、今回初めて自分の大学の学内展を見ました。


面白い作品もいくつかありましたが、
疑問を感じる点もあった。

けして本展を批判するものではなく、
来年自分が出展する側になることを鑑みて、
自分ならこうしたい、と思うことを書き留めたいと思います。

"学内展"の全文を読む »

茶道具取合せ展【五島美術館】

アート / 展示・イベント

gotom_plate.jpg

gotom_poster.jpg


大学の近くにある美術館。

今の家に引っ越してからというもの、
大学まで徒歩通学で、毎回この美術館のそばを通っていて、
いつか行きたいなあ...と思いつつ10ヶ月。

ようやく行くことができました。


本当は今日からはじまる大学の学内展を見に行く途中だったのですが、
美術館の前を通ると、行きたいと思っていた展示が今週末まで、
となっているのに気付き、無性に行きたくなったのでした。


"茶道具取合せ展【五島美術館】"の全文を読む »

2009年2月12日

「モノ」のデザイン、「コト」のデザイン

学業

invention_society.jpg


新宿の発明学会へ遊びに行ってきました。

共通教育科目で「芸術家と法律」という授業をとっていて、
その先生が発明学会の人なのです。

...といっても職場見学はあくまでおまけで、
その後の宴会がメインイベントなんだけどね。


作家が自分のアイデアや造形などにより利益を得ようとする権利を
特許や意匠、商標などで法的に保護する方法を学びました。

といってもこれらの法的保護手段は手続きや登録などに
それなりの費用と品質が求められるので、すぐに活用するというわけには
いかないけれど将来的には必要になるかもしれない、と思い受講しました。

特許はリーマン時代に数件職務で書きましたが、
当時はなんのために書くのかも分からず、
会社が出せというから書いた、という感じだったので、
特許、意匠、実用新案、商標、著作権などについて知識を整理する良い機会でした。


"「モノ」のデザイン、「コト」のデザイン"の全文を読む »

2009年2月 8日

都市へ仕掛ける建築 ディーナー&ディーナーの試み【東京オペラシティアートギャラリー】

建築デザイン / 展示・イベント

dienerdiener_entrance.jpg


D&Dといっても今回はナガオカケンメイ氏とはなんの関係もありません...^^;


  東京オペラシティアートギャラリー
  都市へ仕掛ける建築 ディーナー&ディーナーの試み


引きこもってばかりじゃ良い刺激は得られない。
春休みに入って少しゆとりもできた、ということで行ってきました。
久々のオペラシティ。


今までディーナー親子については全く知識がなく、
なんか良い展示ないかなあ...と探してたら建築系の展示があるじゃん、
ということで行ってきました。


図録販売がない代わりにちょっと厚めのハンドブックが会場入口で配られます。
dienerdiener_handbook.jpg


環境への調和と自己主張。

建築と都市にはこの両方が不可欠な要素ではないだろうか。


"都市へ仕掛ける建築 ディーナー&ディーナーの試み【東京オペラシティアートギャラリー】"の全文を読む »

2009年2月 6日

アクリル・フィン6【所感】

学業

acril_fin4.jpg


大学が春休みに入りました。


春休み、夏休み、冬休み。
トータルすると1年間のうち3ヶ月以上が休み。

自分で学費を払っていると、正直こうした休みも惜しい。
授業はなくとも、せめて自主的に利用できるよう休みの間も
学校を開放して欲しいものです。

根がぐうたらなので家にいるとさまざまな誘惑に負けてしまう。
さらに引きこもり大好き人間だからなおさらぐうたらしてしまう。
大学という場所はまさにこういうぐうたら人間を更正してくれる、
最適の場所なんだけどな。


...とまあさっそく家でぐうたらしているわけですが。


見たい展示がたまってる。
卒業シーズンで卒制展も目白押しの季節。

嬉しいことにしなきゃいけない仕事もそれなりに。


ぐうたらしてるヒマはない。

が。

...その前にこれまでの学校生活をいささか振り返るのも必要かと。


"アクリル・フィン6【所感】"の全文を読む »

2009年2月 3日

アクリル・フィン5【最終プレゼン】

プロダクトデザイン / 学業 / ポートフォリオ

acril_fin1a.jpg

acril_fin1b.jpg


本日プレゼン。

...いよいよPDコース最後の日。

立つ鳥跡を濁さず、で締めくくりたいものです。

...というわけでプレゼン覚え書き。


機能的には「照明器具」としたけれど、後でとってつけた感じになってしまった。

あくまで造形美、構造美を追究することを第一の目的として今回は(も)制作しました。

"アクリル・フィン5【最終プレゼン】"の全文を読む »