« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月 アーカイブ

2007年4月30日

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展【Bunkamuraザ・ミュージアム】

アート

board_modigliani.jpg


モディリーアーニ展を観に渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムへ。

休日だというのにあまり混んでませんでした。
あまり知名度ないのかなあ、この画家。
エッシャー展のときはすごかったのに。


正直モディリアーニという画家もその絵もよく知りませんでした。
当然その妻ジャンヌの存在も。

アメデオ・モディリアーニ。
イタリア生まれの画家。
身体が弱く、35年の短い生涯を閉じる。
晩年に妻ジャンヌと結婚、ジャンヌが二人目の子供を妊娠中に病死。
悲嘆にくれるジャンヌはその48時間後に飛び降り自殺を遂げる...
残った子供は孤児院へ。
なんとも悲劇。

二人が出会ったとき、モディリアーニ32歳。ジャンヌ18歳。
なんと歳の差14歳の夫婦。

この展示は二人の作品が展示されているわけですが、
歴史的にはモディリアーニのほうが有名ですが
なかなかどうして。ジャンヌも優れた画家だったようです。


"モディリアーニと妻ジャンヌの物語展【Bunkamuraザ・ミュージアム】"の全文を読む »

2007年4月29日

TOKYO FIBER '07 SENSEWARE【spiral】

プロダクトデザイン / 展示・イベント

senseware1.jpg


GWがスタートしたわけですが。
SENSEWARE展は終わっちゃう、ということで最終日に急ぎ行ってきました~
会場は表参道のスパイラルガーデン&スパイラルホール。

日曜日ということもあって会場内はけっこう混んでいました~

入口で配っていたガイド。
senseware_guide.jpg

ちなみに入場料は無料でした。貧乏学生にはウレシイ。


裏表紙を見ると...
senseware_guide2.jpg

8月にこのイベントが本になります。
そしてパリでもこのイベントが開催されるみたいですね...
ああパリ。行ってみたいなあ...


"TOKYO FIBER '07 SENSEWARE【spiral】"の全文を読む »

2007年4月26日

履修登録確認

学業

lesson_table.jpg


1学年で履修する科目の登録を行いました。
多摩美では卒業するには4年間で合計124以上の単位取得が必要です。
うちデザイン学科としての専門科目が82単位以上、
全学科共通の基礎教育科目が40単位以上の取得が必要となっています。

僕が1年生で履修する科目は以下の通り。
()内は単位数。

  <専門科目>
  デザイン基礎論(4)
  デザイン概論(4)
  デザイン史(4)
  基礎造形A(3)
  基礎造形B(3)
  基礎造形C(3)
  基礎造形D(3)
  プレデザイン(2)

  <基礎教育科目>
  影像と芸術(4)
  社会と芸術(4)
  社会学特論(4)
  現代美術(4)
  視覚伝達論(4)


以上の総計46単位。

"履修登録確認"の全文を読む »

2007年4月22日

eneloop

エレクトロニクス

eneloop.jpg


MacのBluetoothキーボードの電池切れ。

せっかくなので繰り返し充電して使えるeneloopにしました。
説明書によれば1000回充電可能なので単3乾電池1本が50円としても、
4本で200円×1000で20万円相当が充電器つきで3千円なのだから
経済的にもかなりお得。

それにも増して4千個分の乾電池ゴミを軽減できることを考えれば
何より地球に優しい。


じつはこのeneloop、2006年グッドデザイン賞金賞受賞してます。

乾電池ニッケル水素充電池は過去にもあったはずですが、
製品に付属してるものが多く、ユーザーに選択余地がある状況とは
言えなかったと思います。

覚えやすいネーミングと、電池の価値を伝えるためのデザイン。
「繰り返し使える電池」の存在をユーザに強くアピールし、
選択の余地を与えることになった。


ここにデザインでできることのヒントが隠されている。

"eneloop"の全文を読む »

2007年4月18日

TAKEO PAPER SHOW 2007 【すでに終了】

展示・イベント

takeo_logo.gif


がーん...
今年こそは、と思っていたのに!

気づけば終わっていました...
竹尾のペーパーショー

5月16-17の大阪展は...いけないだろうなあ...
平日だし。


ああ無念。ああ残念。

UT

ut.gif


ユニクロがTシャツだけのブランドをスタート
その名も「UT」。
ユニクロTシャツ。略してUT。そのまんま。
ユニクロ原宿店を改装してUTリアル店舗が4/28(土)にオープン
4月末にはWeb店舗もオープン予定。

クリエイティブディレクターにユニクロの新ロゴ、ユニクロソーホー
手がけた佐藤可士和氏、Webディレクターにやはりユニクロソーホーの
サイトをディレクションしたあの中村雄吾氏が担当。
サイトはプレ的ですが、すでにオープン
あいかわらずのギミックさに見惚れてしまいます。


ユニクラーとしては見逃せないニュースですが、
8ヶ月のプータロー上がりのプアマンにはお金出して
新しいTシャツを買うのもなあ...ってとこ。

まあまずは4月末にオープンする原宿のUTのお店にいってから
判断しますか...安ければ...考えよう。

"UT"の全文を読む »

2007年4月17日

アブダビ-サアディアット島文化島

建築デザイン

abu_dhabi1.jpg
abu_dhabi2.jpg
[アブダビ海洋博物館:安藤忠雄設計]


中東なんてかつて一度も行ったことないけど。

21_21 DESIGN SIGHTの安藤忠雄展で海洋博物館の模型をみて、
一躍行きたくなりました。
といっても完成するのは2018年と、かなり先ですけどね。

アラブ首長国連邦の首都アブダビの無人島、サアディアット島を文化島として開発、
世界一流の建築家4人が設計に携わった複合文化施設が建設されます。
その中には安藤忠雄設計の海洋博物館の他にも
フランク・ゲーリー設計であのグッゲンハイムの分館も含まれます。

abu_dhabi4.jpg
[アブダビ・グッゲンハイム:フランク・ゲーリー設計]

ちなみにグッゲンハイム美術館は現在
ニューヨーク、ラスベガス、ビルバオ、ベルリン、ベニスの5箇所あり、
アブダビが6番目になります。

完成するまでには中東に旅行できるぐらい金持ちになってぜひとも訪れてみたい!
アラビア語も少しは勉強しておいたほうがいいのかな...


"アブダビ-サアディアット島文化島"の全文を読む »

2007年4月15日

初授業その2 【共通教育科目】

学業

金・土は共通教育科目。
学科・学年に関係なく受講できる科目でいわゆる一般科目というもの。

ここは美大なので、美術と社会の接点に関する科目が多いです。
そのほか語学、体育関連がありますが、
体育は平日昼間なので受講できず、
語学は学校教育における英語教育がいかに役に立たないか、
を14年の社会人生活で痛感しているので受ける気にならず。
ただ仏語や伊語、韓国語はまったく知らないので基礎的な部分くらいは
習得したいかな。

金曜2コマは「現代美術」と「映像と芸術」。
「現代美術」は感性だけでなく、過去の芸術作品に用いられてる手法や
時代背景などを知ることで美術館での過去の作品鑑賞するときにも、
また新しい自分の作品作りをするときにも大きな土台を得ることを
目的とするもの。

けっこう面白い。

「映像と芸術」はいわゆる映画がテーマ。
先生は元朝日新聞社の記者で年間400本映画を観ているというツワモノ。
映画というか、物語が好きなので、テーマ的には面白そうなんだけど、
声が聞きづらいのが難点かな...

"初授業その2 【共通教育科目】"の全文を読む »

2007年4月14日

かたちのデザイン1

学業

perspective1.jpg
[お題その1:透視図作成]


多摩美授業二日目。
この日はデザイン学科専門実習科目。

 「イメージと文字」(DC:Digital Communication、映像デザイン系)
 「かたちのデザイン」(PD:Product Design系)
 「素材とスケール」(SC:Space Communication系)

この3つの選択必修科目のうち、僕はPD系の「かたちのデザイン」を選択。

2年生前半までは専攻にこだわらず全ての分野を選択できるのが
多摩美の特色なわけですが、一番最初は無難に第一希望のPD系を選択。
そのまま第一希望で通りました。

1コマ目はお決まりの自己紹介。
先生やはり個性的でオモシロイ。
社会人がやや多め。それでもみんな若い。
このクラスではどうやら僕は最年長のよう...


"かたちのデザイン1"の全文を読む »

2007年4月12日

初授業 - Reference

読書

初授業での参考本・参考作品集~


  ・Powers of Ten

   「関係性」の説明で。
   イームズ夫妻による映像作品

  ・パワーズ オブ テン―宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅

   「Powers of Ten」書籍版

  ・Nikon | Universcale

   「Powers of Ten」のコンセプトによく似たサイト

  ・現代デザイン事典 2007年版 (2007)

   1986年から毎年出版されているもの。
   通読すること。

  ・みんなの「生きる」をデザインしよう【菊地 信義 】

   本の装丁の第一人者とか。

  ・不都合な真実【アル・ゴア】

   デザインとは他者との関連性を考えること。
   それはすなわち地球について考えること、ということで。
   映画も公開中。

  ・口紅から機関車まで 【レイモンド・ローウイ】

   20世紀の「デザイン時代」を予測。
   訳者の藤山 愛一郎さんってスゴイ人なんですね...

"初授業 - Reference"の全文を読む »

初授業

学業

大学での授業がはじまりました。

この歳にしてはじめて大学に通うことになったわけですが...
大学って自己管理が大切なところなんだなって思いました。

同じ学科でも人によって履修科目が異なるので
「クラス」という概念がなく、担任の先生というのもいないわけで、
授業の場所や時間などのお知らせ事項はすべて掲示板で告知されます。
大学側が事細かに学生をフォローしない。
学生の独立心を養うのにはとても有効なスタンスなんでしょうね。
「自分のことは自分できちんと管理する」
この当たり前のことを再認識させられました。

さて、最初の授業科目はデザイン講義2コマ。
「デザイン概論」と「デザイン史」。


座学でしたけどいやー面白い。
まさにこういう話を聞きたかったんですよ。


"初授業"の全文を読む »

2007年4月10日

安藤忠雄「2006年の現場 悪戦苦闘」【21_21】

建築デザイン

21_21_outside_up.jpg


21_21 DESIGN SIGHTオープニングイベント、
「安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘」に行ってきました。

21_21 DESIGN SIGHTは衣服デザイナー三宅一生の
「日本の最新デザインを紹介する場所」という概念の元、
それに賛同した佐藤卓、深澤直人らが共に三人のディレクターとして、
デザインジャーナリストの川上典李子がアソシエイトディレクターとして
運営されています。

過去を展示する「ミュージアム」ではなく、今を展示する「サイト」。
なかなか面白いコンセプトだとは思うのだけど。

21_21 DESIGN SIGHT内は展覧会場はおろか、建物内は一切撮影禁止。
ちょっとこれはイタダケナイ。
海外の美術館は(...といってもニューヨークしか知らないですが^^;)
だいたい館内はおろか作品も撮影OK、スケッチもOKとオープン。

オープンソース。
これからの時代はそういうスタンスでなければ進化のスピードに
ついていけないと思うんだけどな。
あれもだめ、これもだめ、じゃいかんですよ。


...とぶつくさ思いながら入場。
チケット。
ando_chicket.jpg

ここでも学生料金適用で800円。


"安藤忠雄「2006年の現場 悪戦苦闘」【21_21】"の全文を読む »

モネ大回顧展【国立新美術館】

アート / 展示・イベント

okm_monet3.jpg
[日傘の女性](展示では右向きバージョンが展示、画像は大塚国際美術館の陶板画)

国立新美術館で開催中のモネ大回顧展に行ってきました。

さっそく学生特権を使うわけですよ。

通常大人当日券は1,500円ですが、
ここでもらったばかりの学生証を提示すると...
学生料金の1,200円になるはずなのですが...

なんと!
多摩美は特別会員かなんかで団体料金扱いでさらに安くなって、
900円でした~
多摩美入ってほんとうによかった...


んでこれがチケット。
monet_chicket.jpg


世界で最も愛された画家らしく、平日だというのにけっこうな混雑でした。
まあでも会場が広いぶん、行列になって待つ、ということはないですけど。


"モネ大回顧展【国立新美術館】"の全文を読む »

2007年4月 8日

入学式

学業

sakura_tamabi.jpg


多摩美造形表現学部入学式。
今日から僕も大学生。

校門。
entrance_ceremony.jpg

ここで保護者と一緒に写真を撮ってる学生を見て、
「ああ、一般学生(僕は社会人学生)と一緒なんだなあ」と実感。

講堂にて入学式。朝11時開式。
entrance_ceremony2.jpg

学長をはじめ壇上の人たちはみな正装。
学生も9割がたはスーツ。
そんな中、全身ユニクロで最前列に並ぶ僕ですがなにか?

"入学式"の全文を読む »

2007年4月 6日

東京桜めぐり2

空間デザイン

sakura_komazawa1.jpg
[駒沢公園の桜]

♪サクラが咲いてる この部屋から見えてる景色を全部
 今キミが感じた世界と10秒取り替えてもらうより

 ほんの1行でも構わないんだ キミからの言葉が欲しいんだ
 ウソでも信じ続けられるの

 ...好きだから ah ah ah ah

 恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう?
 星の夜願いこめて CHE.R.RY
 ~指先で送るキミへのメッセージ♪
(YUI『CHE.R.RY』)


気づけばもうサクラも散っていく...
なんと時の流れの速いことか。


散っていく桜を惜しんで。
桜めぐり第二弾。


"東京桜めぐり2"の全文を読む »

オルセー美術館展・19世紀芸術家たちの楽園【東京都美術館】

アート / 展示・イベント

orsay_exhibition07.jpg


東京都美術館で開催中のオルセー美術館展。
会期終了3日前にしてようやく行ってきました。

1週間前にも訪れた上野公園ですが、その時は鮮やかだった桜色も
新緑と混じりあい、すっかり色褪せていました。
ueno_sakura3.jpg

1週間前は入口前まで行きながら混雑ぶりにあきらめて帰らざるを
得なかったわけですが、今回は開館後30分の9:30に行ったら
待ちなしで入れました。
それでも会場内はそれなりに人だかりができてましたが。

本展オフィシャルサイトで携帯壁紙をダウンロードして、
チケット売り場にて提示すると大人当日券で100円引きになります。

んでこれがチケット。
orsay_chicket.jpg


会場内は例によって撮影禁止、音声ガイドも500円と有料。
ホント日本って美術に対する理解が足らない...

オルセー美術館はフランスはセーヌ河をはさんでルーヴル美術館の対岸に
位置する美術館で、もともと万博のために作られたオルセー駅舎を
改装したものだそうです。

世界屈指の印象派コレクションを擁する美術館だとか。

"オルセー美術館展・19世紀芸術家たちの楽園【東京都美術館】"の全文を読む »

2007年4月 3日

21_21 DESIGN SIGHT

建築デザイン

3月末に東京ミッドタウンがオープンして、
デザインサイト、21_21もオープンしましたね。
サイトといってもWebサイトじゃありません、安藤忠雄氏設計の立派なArchitectureです。


その21_21最初のイベントとして、21_21の設計者、安藤忠雄氏の
安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘」が開催されてます。


21_21_ando.jpg

  会期:2007年3月30日(金)~4月18日(水)会期中無休
  時間:11:00~21:00(入場は20:30まで)
  入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料


(僕の中では)日本で最も著名な建築家さんですが、
まだその展示、展覧会などは行ったことなかったので
デザインサイトの見学がてらに行ってこよう。

4/7以降学生証が手に入れば学生料金で行ける...はず。

"21_21 DESIGN SIGHT"の全文を読む »

2007年4月 2日

ノルウェイの森【村上春樹】

読書 / 文学

forest_of_norway.jpg

ノルウェイの森 上ノルウェイの森 下


文章も分かりやすく、あっという間に読み終えました。
一気に読ませてしまう、という点では東野圭吾作品には及びませんが、
人間の内面奥深くを描きながら一気に読みきらせる、
という点ではスゴイな、と思いました。

単順に心理描写が僕の感覚に似ているからかもしれないけど。
それを多くの読者にそう思わせている点がこの作家のスゴイところなんだろうな。

主人公ワタナベは自分だ。
違うのは過ごしてきた環境と経験。
ただそれだけ。


...ただそれだけで人の人生こうも違うものか。


"ノルウェイの森【村上春樹】"の全文を読む »