« 2006年7月 | メイン | 2006年9月 »

2006年8月 アーカイブ

2006年8月29日

創造的になるための「空白」

その他

illustboard.jpg

白紙のイラストボード。
本当ならこの上に平面なり立体なりの造形作品が
乗っていなければならないのに...

受験勉強がはかばかしくありません。
というより最初の一歩がどうしても踏み出せずにいる。
もともとスロースタータなのでしょうがないといえばしょうがないのですが
受験までもうあと3ヶ月をきっています。
そろそろ何かしら形にできないとマズイ。

自分の中の想いやイメージを形にすることって本当に難しいことだと思う。
今回改めてそう感じました。

ブログを2年間やってきたおかげで「言葉」で想いやイメージを
形にすることはそれなりにできるようになった。
普段意識はしていなかったけど、改めて考えてみると、
それはやはりスゴイことなのだと思う。

でも言葉で相手に伝えられることは全体の7%程度しかないという。
意外と言葉だけでは伝えきれないもの。
一つでも多く相手に伝える手段を持つために僕はデザインを学びたい。
コミュニケーションの枠を広げるためにデザインをやりたい。

まったく新しいことを始めるにあたり、
そんなに器用でもない僕がすぐにできるわけもないのは百も承知。
考えに考えて、悩みに悩みぬかないとその先はない。
その苦悩が明日の糧になることは頭では分かっているけど
自分の進化のスピードに満足できずあせってしまう。

そんな中、最近僕のモチベーションアップ剤的な番組の
仕事の流儀でふと流れた言葉が心に響く。

  「空白がないと創造的になれない」  

僕が会社を辞めた理由がはっきり分かった。
頭の中を空白にするために、創造的な頭にするために辞めたんだ。

"創造的になるための「空白」"の全文を読む »

2006年8月26日

GDP2006

展示・イベント

gdp_06.jpg

グッドデザインプレゼンテーション(GDP)2006に行ってきました。
GDPは初めて、ビッグサイトは久しぶり。

建築・AV・PC・携帯・重機・車・家具・医療・スポーツ...

あらゆる分野から膨大な量の展示。
ビッグサイトの3ホールを使っての大規模展示。
はっきりいって多すぎ。
全部見て回るのに5時間以上かかりました。最後はヘロヘロでした。
(それでもだいぶ端折ったのですが...)
最終選考に残ったものに絞って展示してくれればいいのに。

いくつか「ステキっ!」と思うものも確かにあった。
でも「これのどこがグッドデザイン?」と思うものに埋もれてしまった。
僕の視る目が、僕の感じる心がまだまだ足らないのだろうけど、
やはり展示員を配置してどういう観点でデザインしたのか、
きちんと説明してほしかった。
多くの作品がただ無造作に置かれているだけだったのが残念でした。

以下「ステキっ!」と思ったものをいくつかレポート。

"GDP2006"の全文を読む »

2006年8月24日

セントグレース大聖堂

建築デザイン

st_grace_church.jpg

夜、表参道駅のB2出口から地上に出て、
青山通りをABC本店に向って歩いていると、
遠くにあやしげなライトアップがされた建物が見えるではないですか。

アヤシイ...と近くにいってみると...

なんとも立派な教会が。
セントグレース大聖堂というところらしいです。
なぜかホームページが2つある。

  ・その1
  ・その2

しかし見ようによってはあやしげなラブホに見えなくもない。
(ラブホには行ったことないけどw)
教会にしてはギラギラし過ぎでないかい。
いや、キレイだけどさ。

ABC六本木ヒルズ店

建築デザイン

abc_hills.jpg

六本木ヒルズに「ゲド戦記」を観にいったとき、
その待ち時間に最近オープンしたという青山ブックセンター(ABC)
六本木ヒルズ店をのぞいてきました。
West Walk 4Fにあります。

表参道の本店ほど規模は大きくないですが、
アート系の書籍が充実してました。

六本木にはこのお店のほかに麻布警察署付近に
六本木店というのがあるみたいですね。

2006年8月20日

受験勉強準備

ツール

exam_goods.jpg


多摩美の受験まで3ヶ月。
この週末で受験説明会が上野毛校であったので行ってきました。
2007年度募集要項、願書、過去問題集を購入し、
これからすべきことを確認して、いよいよ受験勉強準備へ。

造形表現学部デザイン学科の社会人入試では、
実技・作文・面接のみ。いわゆる学科試験はありません。
実技は与えられた材料を用いて平面または立体の造形作品を
6時間かけて作成します。

作文・面接は事前に特にすることはなく、
受験勉強としてすべきはこの造形作品の作成に熟練すること。

そこで東急ハンズへ材料一式を購入しに。


"受験勉強準備"の全文を読む »

2006年8月17日

menu Fire Ball

プロダクトデザイン

fireball.jpg

会社を退職する(すでにしてしまいましたが)ということで、
会社のバドミントンサークルの仲間が壮行会を開いてくれました。

予算5千円程度で記念品を贈るのでなにかリクエストはないか、
といわれたので、先日紹介したThink the Earthプロジェクトグッズの
デンマークmenu社の「ファイヤーボール」をお願いしました。
これだけだと予算に余裕があるとのことで中に入れるキャンドル類も
あわせてプレゼントしてくれました。香りつきのアロマキャンドル。
感謝感謝。

"menu Fire Ball"の全文を読む »

2006年8月13日

清正の井

空間デザイン

kiyomasanoi2.jpg

神社好きの友人に連れられて明治神宮にいってきました。

過去に一度だけ初詣に出かけたことがあるのですが、
ここはもうちょっとした森ですね。

友人のおめあては本殿のほうではなく、
加藤清正公にゆかりある「清正の井」という井戸。

二つ目の大鳥居を過ぎたあたりに「明治神宮御苑」(参拝料500円)
というのがあって、 そこを入っていって一番奥の方にあります。
そこはおよそ東京のど真ん中とは思えない、澄んだ閑静な場所。
どっかの田舎を散策してるような錯覚に陥る。

澄んだ石清水。ツメタクて気持ちイイ。
「飲まないように」という立て札があったのでさすがに飲まなかったけど。

にわか雨と雷鳴がとどろく中での散策だったけど、
思わぬ癒しになりました。

"清正の井"の全文を読む »

2006年8月11日

プロダクトデザインと社会の関係

展示・イベント

applestore_3.jpg

  ウォーター・プラネット・キャンペーン サテライトイベント
  「プロダクトデザインと社会の関係」 上田壮一 × 大杉信雄

上記トークセッションに参加しに久々に銀座のアップルストアへ。

AssistOn店主の大杉さんとThink the Earthを立ち上げた上田さん。
かたやセレクトショップの店主、かたやNPOのプロデューサー。
お二人ともデザイナーではありませんが、そこがなんか目新しかった。
デザインはデザイナーだけが考えるものではない、ってことですね。

お二人の縁はThink the Earthプロジェクトの代表的プロダクツである
Think the Earth Watchだとか。
地球儀を腕時計に埋め込み、人目で世界各地の時刻が把握できる。
同時に宇宙から地球を眺める宇宙飛行士のように、
地球を眺めることができる。

地球をマクロ的に眺めることで人は地球に対して優しくなれる。
そんな想いをこめて創られた時計だそうです。
なんともステキ。

大杉さんはデザインを「線」で捉える云々を熱く語っていましたが、
深澤直人さんのデザインを「輪郭」で捉えてるのと少し似ているな、
と思いました。
そしてセレクトショップの店主らしく数々の面白グッズを紹介。

上田さん。
この人スゴイな、と直感的に思った。
なんか人を惹きつける声色。
大杉さん、スタッフ、参加者とすべての人に対する気配りの様子。
そしてトークの内容。
なんか、どれも素晴らしかった。

"プロダクトデザインと社会の関係"の全文を読む »

2006年8月 9日

water planet

プロダクトデザイン

flow_water2006.jpg

前回紹介したThink the Earthのプロジェクトのひとつに
"water planet"というものがあります。

コンセプトは、

 "生命にとってなくてはならない「水」との関わりやボトルを持ち歩く
  という新たなライフスタイルについて考えるきっかけづくりを、
  イベントやウェブでの情報発信を通じて行っていく"

というもの。

数々のデザイングッズを取り扱っているショップ、AssistOn
Think the Earthプロジェクトに協賛していて数々の
Think the Earthグッズを販売しています。

そのAssistOnのメールニュースで紹介されていたのが画像の
「ウォーター・プラネット・キャンペーン」のために製作された
Think the Earthボトル。

"water planet"の全文を読む »

2006年8月 8日

Think the Earth

プロダクトデザイン

img_fireball_yugure_zm.jpg

毎日あたりまえのようにつけるクーラー、
電源ONにしっぱなしのPC...

地球にとっとはよくないのは分かっちゃいるけどやめられない。
だからしかたない...

...とあきらめてしまってはどうしようもないわけで。
できることからはじめよう。
こんな僕でもできることを探そう。

"Think the Earth"
人と世界がつながりあう社会をデザインするプロジェクト。
「社会をデザインする」...なんかいい響きです。

これからデザインで身を立てようと願う僕にピッタリじゃないですか。


"Think the Earth"の全文を読む »

2006年8月 6日

霞 Kasumi Titanium【スミカマ】

プロダクトデザイン

kasumi_ti_logo.jpg


食にはあまりこだわりはない方です。
なので料理も最低限で済ませたいし、そんなにマメにやる方ではありません。
当然、料理道具にもさほどこだわりはない。
包丁の切れ具合いなんてどれも一緒でしょ、みたいな。

そんな自分がまったくの見た目で気に入った一品。
スミカマというメーカーのKasumi Titaniumという包丁。
Blue、Gray、Goldの三色がカラフルで美しい。
刃にチタンをコーティングすることで刃もちがよく、
金属アレルギーの心配もないそうです。

ドイツで二月に開かれた生活用品の国際見本市
「フランクフルト・メッセ・アンビエンテ2006」で、
デザイン賞「デザインプラス」を受賞したそうです。


発表当時は日本では買えるところが見つからず困っていたところに、
ブログへのコメントで名古屋のSHIOGAMA APARTMENT STYLEというお店で買えることを知り、
さんざん悩んだ挙句買うことにしました。
料理もしないのに6本セットで。色はブルー。

賞を取ったドイツでは3倍もの値段で売られているそうです。
幸いにも日本では定価で購入できました。


"霞 Kasumi Titanium【スミカマ】"の全文を読む »

2006年8月 2日

BLOCK CALENDAR with BLOCKIDS

プロダクトデザイン

block_calendar.jpg

友達へのプレゼント探しで二子玉の高島屋へ行ったとき、
Afternoon Teaで見つけたブロック・カレンダー。

なんでAfternoon Teaでブロックカレンダー?
...と思ったのですがデザインが気に入ったので、
友達のぶんはもちろん、自分にも買ってしまいました。

ラベルを見てみると純正のAfternoon Teaブランド品ではなく、
浅野製作所という小さな町工場で作られているものなんですね。

Afternoon Teaって純正ブランド物ばかり置いてるわけじゃあ
ないんですね。

上記の画像は自分のぶん、
友達のはカエル君人形付のグリーンバージョンを贈りました。
喜んでくれたみたいでよかったです。

...プレゼントってホント苦手。