« 2005年12月 | メイン | 2006年2月 »

2006年1月 アーカイブ

2006年1月30日

快眠は至高の幸福

プロダクトデザイン

aXbo_render.jpg

寝たいときに眠れて、起きたいときに起きれる。
もし僕がこれをいつでもできるようになれれば。
僕は確実に今より10倍は幸せになれる。

それほど睡眠は大事である。
なのに僕はそれを快適にとることができない。
なかなか寝付けず、睡眠導入剤に頼る上に
寝起きもはなはなだ機嫌が悪い。

...というわけで今回は長年「眠り」に対して
悩みを抱える人のためのグッズ紹介です。

aXboは睡眠のリズムを装着したリストバンドから
心地よい目覚ましのタイミングを感知して起こしてくれる。

欲しい。ただ寝つきの悪さには効力ないだろうけど。

nap-markus_.jpg

こちらは「昼寝の森」とかいう睡眠スペースだとか。
抱き枕大好きな僕にはいい睡眠場所になりそう。
ただこの色はどうかと思う。ちょっと寝れないよ、さすがにこの色では^^;

2006年1月29日

英漢字はえーかんじ?

ビジュアルデザイン

eikanji.jpg

御祝 Congratulation―国重友美英漢字(ええかんじ)作品集

410RFAM8XDL__AA240_.jpg

この本をAmazonで買う


今週のデザパラからのネタです。

英漢字アーティスト、國重友美さん。

上記のトップ画像、漢字の「花」という文字であると同時に
その英語である「flower」とも読めます。
これぞ「英漢字」。
ちゃんと登録商標とっています。

シンプルだけど素晴らしい着眼点だなーと関心ひとしお。
これぞデザイン。

"英漢字はえーかんじ?"の全文を読む »

2006年1月28日

MITSUBISHI[ i ]デビュー!

エレクトロニクス

mitsubishi_i.jpg


特に三菱ファンというわけでもないですが。
職場がこの会社の本社ショールームの近いので。

1/24にデビューとなった新型軽自動車「i (アイ)」。
さっそくショールームに展示してあったので1枚パシャリ。

未来系、というんですか。こーゆーデザイン。
従来のデザインからさらに流線型になりました。

卵みたいですよね...


"MITSUBISHI[ i ]デビュー!"の全文を読む »

2006年1月25日

ななめブックスタンド

プロダクトデザイン

bookstand.jpg


ブックスペースは間に合っているのですが。
ちょと気になるブックスタンド発見。

「わざと斜めに作りました。
 本を抜き取る時に他の本も倒れずスムーズです!」

そーなの?
向かって左側はそうかもしんないけど、
右側にいくほどとりづらくなるんじゃないの?

どーなんだろ?
気になる...


"ななめブックスタンド"の全文を読む »

2006年1月24日

グッドデザインアワード・イヤーブック〈2005‐2006〉

読書

japandesign0506.jpg

この本をAmazonで買う


ジャパンデザイン―グッドデザインアワード・イヤーブック〈2005‐2006〉
2005-2006のグッドデザイン賞受賞作品が1冊の本に。


こいつは欲しい!


polly

プロダクトデザイン

polly_view1.jpg

僕はコンビニへビーユーザー。
だから毎日のようにたまっていくレジ袋。
ゴミ箱の中に入れてゴミ袋として再利用するために
捨てずにとっておくのだけど、しまい場所に困って
しまうのは僕だけではないはず。

そこで「polly」の登場。
「スマイルな笑顔の口から袋を取り出すという
 なんとも愛くるしい心和むデザイン」という謳い文句の
とおりあのスマイルがいいんだよね。

ほしーなー。

"polly"の全文を読む »

2006年1月23日

木製iPod「iWood?」

エレクトロニクス

iwood.jpg

  Engadget: 本物の木製iPod

iPodは非常にCoolなデザインだけど傷つきやすいのが玉に瑕。
優れたデザインとは見た目だけでなく、使い込むほどに
艶がでてくるようなものであるべきではないでしょうか。

というわけで木製iPod。実にアンティーク。
使い込むほどに艶が増すこと間違いなし。
売り物ではないんでしょうがスゴイ。

こーゆーのいーなー...

2006年1月22日

瓶覗(甕覗)【かめのぞき】

ビジュアルデザイン


ほんのふとした瞬間の発見。
メインディッシュにちょこっと添えられている、
ほとんど飾りのような料理がすごくおいしかったときの感動。
うまく言えないけど今回はそんな瞬間に発見したもの。

「瓶覗(甕覗)」という色があるそうです。
どんな色だか分かります?

ちょうど冬の快晴時のあの高い空の色だとか。
とても気持ちのいい色ですよね。

デザインと色は切っても切り離せないもの。
どうも自分の色の嗜好は一般の人とはちょっと異なるらしい。
色について、今後も"いろいろ"注目していきたいと思います。


"瓶覗(甕覗)【かめのぞき】"の全文を読む »

2006年1月21日

neon【深澤直人】

プロダクトデザイン / エレクトロニクス


ITmedia Mobile:
深澤直人氏デザインの「neon」

そろそろ携帯の機種変更をしようかな、と。
僕は長年ソニエリ・ユーザ。
しかし最近のソニエリモデルはぱっとしない。
今度のW41Sもイマイチ。
他のメーカへの乗り換えも考え出している今日この頃。

そこにこの機種。
au design project第5弾。
INFOBARをデザインした深澤直人さんデザインの「neon」。


"neon【深澤直人】"の全文を読む »

2006年1月20日

プロセス・アイ

その他

processai.jpg

"クオリア"の茂木健一郎さんによる新刊。
心と脳の関係に切り込む「プロセス・アイ」。
近未来小説。

"クオリア"はなんとなく感覚的に理解できる気がするのだけど
言葉で説明する、となると上手く表現できないもどかしさがある。
茂木さんのブログも難しくて真面目に読む気になれない。
こんな僕にこの本は楽しめるだろうか?

...という疑問がありながらも僕の第六感が、僕のクオリアが
こいつは面白そうだ、といっている。

買っちゃおうかな。
装丁は鈴木成一さん。装丁デザインでは有名な方のようです。

2006年1月19日

美しい草花のモチーフが特徴的なプロダクトデザイナー【トード・ボーンチェ】

プロダクトデザイン / 人物


Web Designinig2月号からのネタ。
HOUSE OF SHISEIDOでの最新イベント。
2/7(火)~3/19(日)。

資生堂が創業以来モチーフとしている「唐草」文様と
トード・ボーンチェとのコラボレーション。

トード・ボーンチェの名前は初めて知りました。^^;
1968年生まれのオランダのプロダクトデザイナー。
草花をモチーフとした美しいデザインが特徴的。
Midsummer Lightとかよさげ。


入場無料なのでぜひ足を運んでみましょう。
(※現在は終了しています。また、HOUSE OF SHISEIDO自体も2011年に閉館したみたいです)


"美しい草花のモチーフが特徴的なプロダクトデザイナー【トード・ボーンチェ】"の全文を読む »

セルジュ・ルタンス

人物

sergelutens.jpg

この本をAmazonで買う


デザインはまだ途中ですがとりあえずTadaoh Blogの中から
デザイン関連のネタをこのブログに移動しました。

結局Tadaoh Blog全記事をMTの書き出し機能でテキストファイルを
書き出し、手動でデザインネタをピックアップするという力技。
MTでカテゴリごとに書き出しができると楽なんだけどなー...

というわけでこの記事が移行後初の記事です。
今回は資生堂のイメージクリエイター、セルジュ・ルタンスです。



"セルジュ・ルタンス"の全文を読む »

2006年1月17日

前後のない車・Pivo(ピボ)

エレクトロニクス


NISSAN PRESS RELEASE:
日産自動車、第39回東京モーターショー出展車両「ピボ(Pivo)」を公開
-アーティスト村上隆氏とのコラボレーションイベントにて展示-

続いて同じくデザパラからのネタ。

車庫入れ作業が不要な車、「Pivo」。
日産の未来のコンセプトカーです。

デザインは既成概念を打ち破ることからはじまる。
既成概念にとらわれていては新しいものはできない。
もっとも既成概念を打ち破るためにはその既成概念を
知らなくてはなりません。

そう、なんでも「知る」ことからものごとは始まるのです。
このブログの存在意義はここにあります。

「車は車庫入れするもの」という考えにとらわれている
うちはこの車は誕生しないでしょう。

「こんな車がほしい」というユーザ視点で客観的に
物事を捉えることも重要なことなのです。
...と自分の業務を正当化してみる^^;


"前後のない車・Pivo(ピボ)"の全文を読む »

大日本タイポ組合

人物

dainippontypokumiai_logo.jpg
dainippontypokumiai.jpg

今年初のデザパラ大日本タイポ組合による「天気予報図」。
面白い。こういう天気予報図実際あるといいな。

さて、この番組で大日本タイポ組合というデザインユニットを
初めて知ったのですが。このユニットもなかなか面白い。
ユニット名のとおりタイポグラフィデザインをメインに行っている
みたいですね。

彼らの作品を眺めているとタイポグラフィもなかなか面白いものだな、
と思っちゃいます。

デザインチャンネル

情報デザイン

スゴ録というのはホント便利なもので。

TVは基本的にリアルタイムメディアでしか情報は入手できない。
情報は垂れ流しで、一度その番組を見逃すと、
その情報は基本的に閲覧できない。

テレビというメディアがこれだけ普及しながらも情報メディア
としての価値が低いのはこの辺に原因があるといえます。

しかしこの世界も確実に進化している。
EPGの登場により、これまでプル形式であったテレビメディアを
プッシュ形式にすることが可能となった。
そのプッシュ配信の特性をいかんなく利用しているのが
スゴ録の「おまかせまる録」機能。

EPGには各番組の放送時間、番組タイトルのほかにも
番組の説明情報なども含まれています。
「おまかせまる録」では指定のキーワードをこれらの
情報を検索することにより、ユーザの嗜好にマッチした
番組を自動的に録画してくれる。

例えば「デザイン」というキーワードを登録しておけば、
デザインに関する番組を自動的に録画してくれて、
観たいときに観ることができる。

つまりこれまではユーザがテレビの都合にあわせていたものが、
ユーザの都合にテレビが合わせる、といったユーザフレンドリー
なものになった。

これからのサービスはよりユーザフレンドリーでなければ売れなくなる。
そこにデザインの価値があるのではないか。

...と前置きが長くなりましたが今回はそのおまかせまる録で
録画されていた「デザインチャンネル」の紹介です。



"デザインチャンネル"の全文を読む »

2006年1月16日

山本容子

人物

yamamotoyouko.jpg

ソロモン流というテレビ番組で山本容子、
という人を紹介していました。
有名な銅版画家だそうです。
私は恥ずかしながらぜんぜん知らなかったのですが。

吉本ばなな著「TSUGUMI」の装丁とか、
ルイ・ヴィトン表参道店の改装アート・プロジェクトとか。
個人的には東京五十景が気に入りました。
買おうかな。

テレビで見る限りあまり好きなテイストではないのですが、
やはり「テレビで見たぐらいで何が分かる!」...と
言われそう(実際そう思いますが^^;)なのでぜひ作品を
じかに見たい、と思ったら3月にイベントがあるようです。

ちょっと先だなー...

2006年1月 5日

Intelニューロゴ

ビジュアルデザイン

ah_intellogo.jpg

Intelがコーポレートロゴを変更しましたね。

  IT Media: Intel、コーポレートロゴを変更

各プロセッサのロゴも変更されるようです。
少しはカッコよくなったかな。
でも日本語版の「さあ、その先へ」なんてダサいよー;;
やっぱアップルには遠く及ばないよー。

やっぱやだなー、Intel Macにこのロゴがつくのは。

2006年1月 2日

記憶する壁

プロダクトデザイン

memorywall.jpg

新春一発目のデザインネタ。

人の服の色に反応して壁の色が変化するもの。
Engadgetの記事タイトルでは「記憶する壁」とあるけど
この壁をデザインしたJason Brugesのサイトのビデオ
を見る限りでは服の色に反応して、色のついた影を映し出して
いるだけのように見えるのですが、まあ部屋自体のデザイン
が未来的でいいなーということでご紹介。

今年もモチベーションを刺激するデザインを数多く
紹介していきたいと思います!
(デザインカテゴリはこのブログから切り離す予定ですが)