« 2005年11月 | メイン | 2006年1月 »

2005年12月 アーカイブ

2005年12月31日

蒼井優「トラベル・サンド」

人物

この本をAmazonで買う


最近、蒼井優が好きです。
で、写真集買いました。

最近俳優に対する考え方が変わってきました。
このブログに載せたのは「俳優とデザインの関連性」を考えたいから。

正直俳優という職業が好きじゃなかった。
なんか「自分を偽る」という感じがして。
自分を偽ることが嫌いです。
しかし今ではそれは身勝手な偏見だったと反省の日々です。

「メッセージを伝える」という点において、
デザインと俳優は大いなる共通点があると思う。


"蒼井優「トラベル・サンド」"の全文を読む »

2005年12月30日

佐藤オオキ with nendo

人物


年の暮れだというのに深夜にのんびりTVをザッピング。
ふとNHK教育テレビの「トップランナー」という番組に目が止まる。
普段NHK、とくに3ch(教育テレビ)なんて観ないのに^^;
単に画面に「デザイン」と表示されているだけでピクッ、です。
最近自分の中の「デザイン」感度はかなり高めのようです。

そこでゲストとして登場していたのが佐藤オオキさんです。
もちろん初めて聞く名ですがデザイン業界ではかなり有名な方の
ようですね。しかも天才肌の。ジャンルを問わずあらゆる分野の
デザインを行うとか。いわゆるオールラウンダーです。

話を聞いてるとこれがなかなか面白いじゃないですか。


"佐藤オオキ with nendo"の全文を読む »

2005年12月28日

骨伝導ヘッドフォン[AUDIO BONE]

エレクトロニクス

audiobone.gif

  AV Watch: 
  ペガソ、アンプ不要のオーディオ用骨伝導ヘッドフォン

一時期骨伝導方式の携帯が話題になりましたが、
今度はその骨伝導方式のオーディオヘッドフォンの登場です。

骨伝導ヘッドフォンのメリットは直接耳の中にヘッドフォンを
アタッチさせないため疲れない、周囲の音が遮断されないなどが
あります。自転車運転時などいいかもしれません。

でも骨伝導って実際どんな風に聞こえるんだろ?
ちょっと興味津津です。

"骨伝導ヘッドフォン[AUDIO BONE]"の全文を読む »

2005年12月24日

BOBLBE-E

プロダクトデザイン

boblbe.jpg

せっかく買ったノートPCだから。
持ち運びたくなるようなバッグに入れて運びたい。
しかも安心して運びたい。

とくればBOBLEBE-E
といっても私はこのバッグに対してほとんど予備知識が
なかったので親友ましゃに自由が丘のコンセプトストア
同行してもらい(というより連れて行ってもらい)ました。
ありがとう、ましゃ!

たくさんラインナップがある中で、
機動性とデザインを重視した結果、上記の写真のものを購入。
DELITE」というモデルと「SPORTS」というモデルの
組み合わせだとか。色は「キャンディ・レッド」。
うーん、オレ好み。
軽くて、通気性抜群。周囲の評価も概ね好評。
いたく気に入った。お値段35,000円弱。
大満足のお買い物。

次はいよいよネオ・イエモンか。

2005年12月12日

算額

エレクトロニクス


  Engadget日本版:純和風PCケース「算額」


「算額」と名づけられた純和風のPCケース。
カッコイイ...

算額(さんがく)とは、江戸時代の日本で、額や絵馬に和算の問題や解法を記して、神社や仏閣に奉納したものである。(Wikipedia)

こんな言葉、日本人だって知ってる人そんなにいないよ。

で、これを作ったのは外人さん。
「SAYURI」といい、時々外国人の方は日本人より日本的なものを
作るからびっくりです。(「SAYURI」はまだ観てませんがw)

まさに「人のふりみて...」と「紺屋の白袴」ですかね...


"算額"の全文を読む »

2005年12月11日

Let's go "spiral" !!

建築デザイン

move_led.jpg

土曜日徹夜。
翌朝そのまま合気道の稽古に行こうと思ったのだけど、
睡魔に襲われ爆睡。途中何度か目が覚めたものの結局
ベッドから出たのは午後5時過ぎ。

しかしまだ間に合う。
というわけで先日紹介したLEDの展示会「MOVE」を見に
表参道はspiralへ行ってきました。

表参道駅のEchikaがオープンしていてとてもキレイになって
いるのですがまだ慣れなくて、けっこう出口を迷います。
spiralはB1出口を出てすぐのところです。

基本的に撮影は禁止(ばんばん撮っている人いましたけど)
なのでパンフの写真だけ載っけます。
PC WatchCNETでレビューしているのでそちらを参照してください。


"Let's go "spiral" !!"の全文を読む »

THE PERMANENT COLLECTION OF...

展示・イベント

newdesign_paradise_event.gif.jpg

NEW DESIGN PARADISEの作品展を見に日産本社ギャラリーへ。

つくづくデザインっていろいろな形があるんだなーと思いました。
個人的には婚姻届が気に入りました。
「結婚」の「基本」をデザインする。
結婚を一度失敗している私にはとても大事にしたい部分ですw

その後デジ友人宅で鍋Party。
いつものように徹夜で語り明かしたのですが...


"THE PERMANENT COLLECTION OF..."の全文を読む »

2005年12月 8日

ASUSのCool!なPCケース「VENTO3600」

エレクトロニクス


CoolなPCケース発見。
ASUSの「VENTO3600」。

なんか近未来的。
ゲーマー用途とのことですが。
もはや生活家電のように必要不可欠な存在でありながら、
ともすれば外観は「つまらない箱」になりがちなパソコン。
こういう遊び心って大事だよね。

すぐに時代遅れになってしまうパソコンハードも、
中味を簡単に交換できるようにしておけば、ケースは長く使い続けることができる。


ちなみにASUSのサイト、サウンドのON-OFFができません。

バスキュールのリニューアルサイトもそうですが、
たとえ制作者が明確な意図をもってスイッチをつけなかった、
としてもサイトにそういうスイッチがないのは自分は反対です。
一個人の単なる意見ですが、これは明確な意志です。

ちなみにこのサイト、タイトルが「Untitled Document」。
...ありえねーw


※2017年現在、サイトのデザインは変更されており、音は出ません。
 タイトルもちゃんと表示されるようになってます。


"ASUSのCool!なPCケース「VENTO3600」"の全文を読む »

LEADING EDGE DESIGN展 "MOVE"

展示・イベント

tagtype.jpg

以前紹介したspiralにまだ行けてないのですが。
別件で表参道に行くことがあって、場所だけは確認したのですが。

と、そのspiralで面白そうな展示会が。
工業デザインを手掛けるデザイン設計事務所
「リーディング・エッジ・デザイン」による展覧会です。

  LEADING EDGE DESIGN展 "MOVE"
  ~美しいテクノロジーを予見する10のプロトタイプ達

なかなか興味深い。
親指だけを使い両手で抱えながら使用するキーボード「tagtype」
なんか面白そう。そのほかSuicaとかWILCOMEのデザインとかも
してるんですね。

日時は12/9~11の3日間。
入場無料ですので気軽に足を運んではいかがでしょうか。

そういえばNew Design Paradiseワダエミの展覧会も始まってるなー。
こっちも行かなきゃ。


2005年12月 4日

VAIO typeS

エレクトロニクス

vaio_type_s.jpg

今年最後の大きな買い物。たぶん。
いや、ネオ・イエモンがあるかもしれない。
あー、とにかく物欲の1年でした。

実は以前にも個人用としてPCノート所持経験はあるのです。
PCG-C1という当時としてはカメラつきモバイルPCとして
脚光を浴びたものですがカメラはともかくPC自体ほとんど使わなくて
結局二束三文で手放した、という苦い思い出があり、
以来僕にはPCノートは不要なものだと思い込んでいました。

しかし当時はブロードバンドもほとんど整備されていなくて、
Webのこともほとんど知らなかった。その頃に比べると、
環境も僕自身も格段に進歩していると思う。
なにより、人とWebの話をするときに口頭だけでは限界がある。
やはりすぐそばにPCがあれば説得力のある話ができる。

というわけで買うことにしました。


"VAIO typeS"の全文を読む »

2005年12月 3日

Intuos3 PTZ-631W

エレクトロニクス

tablet.jpg

  PC Watch: ワコム、世界初のワイド型ペンタブレット

ついに買ってしまった。

しかしデカい。
どーりでたけーはずだ。

よし、やるぞ。(徐々に)
これでデザインやらなきゃ男じゃない。


2005年12月 1日

地球を彫刻した男のデザイン【イサム・ノグチ】

プロダクトデザイン / 人物

ny_isamu_sofa.jpg
[フリーフォームソファ&オットマン:noguchi museumにて]


日米混血の芸術家、イサム・ノグチ。
彫刻家であり、画家であり、インテリアデザイナーであり、
造園家・作庭家であり、舞台芸術家だった。

その存在を知ったのはmixiのコミュニティだった。
彼の素性をよく知らないままに、なぜか惹きつけられた。
日本とアメリカの両国に彼の遺志を実現した庭園美術館があります。
彼の中にある二つのナショナリティで自分のアイデンティティを確立したかったのでしょう。

地球を彫刻した男。
そう呼ばれた男が地球をどんな風に彫刻して、どんなものを遺したのか。
そしてどんなデザインをしたのか。


"地球を彫刻した男のデザイン【イサム・ノグチ】"の全文を読む »